CASE STUDY事例紹介

遮水扉遠隔監視・制御システム

地中埋設型遮水扉を遠隔制御するシステム。

  • カテゴリ
    地下施設
  • データの種類
    時系列/接点/
    静止画像
  • 目的
    冠水被害防止
BACKGROUND背景
冠水対策設備である防潮扉を遠隔監視・制御したいというお問い合わせをいただきました。
CHALLENGE課題
  • 扉浮上部分にいる車両へ対して避難通知を行なえること。
  • 扉の開度(4段階)による警戒レベル検知を行なえること。
  • 現地状況を遠隔地より目視確認できること。
  • 現地アラートを発することができること。
  • 遠隔地より防潮扉を制御(開閉操作)できること。
RESULT結果
遮水扉上の障害物を赤外線センサで検知できるほか、水位計による現地水位情報の電子メール通知機能、動画モニタリング機能、遠隔手動制御機能を備えているため、遮水扉の機能不全を防げるほか、増水時の対応を早期に図ることのできるシステムを構築しました。
  • 設置風景その1
  • 設置風景その2
  • 管理画面
  • システムイメージその1
  • システムイメージその2
  • システムイメージその3
  • 全体機器構成図
  1. トップ
  2. 事例紹介
  3. 遮水扉遠隔監視・制御システム