SDGs ACTIONSDGsへの取り組み

自らSDGsに「取り組み」、SDGsに取り組んでいるお客様「を支援する」

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは
2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として
2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された
「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された
2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され
地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

エコモットの取り組み

エコモットは、創業当初から「未来の常識を創る」をスローガンに、
社会問題と向き合い、今までにない、新たなアプローチによる問題解決を目指してきました。
今後も引き続き、サステナビリティに配慮し、独自のIoT×AIテクノロジーを活かしたソリューションを創造し、
世界全体の持続可能な社会の実現に貢献していきます。

クリーンエネルギーの提案

創業当初から提供している「ゆりもっと」では、自動で制御されていた融雪用のボイラーを24時間監視センターで制御することにより、平均約40%以上のエネルギー削減を実現しております。

安心して住めるまちづくり

防災ソリューションの提案をおこなっており、災害の予兆を検知する水位計測・地滑り検知などのソリューションを提供しております。また、災害時でも利用可能なソーラーバッテリー搭載の遠隔カメラも提供しております。

エコドライブ支援機能

当社の高性能ドライブレコーダー「Pdrive」には、急発進や急ブレーキのカウントや、アイドリング時間を集計する機能を搭載しております。これにより、おおよその燃料消費量を算出し、燃費の悪い運転を抽出することができます。

TOP MESSAGE

エコモットを創業した時は、2007年。
「チームマイナス6%」「京都議定書」「洞爺湖環境サミット」など、
環境問題に国を挙げて注目されていた時でした。
エコモットは「ITをツールとして環境をよくしたい」という思いで産声をあげます。

しかし、2011年の東日本大震災を機に、原子力発電所が止まり、
化石燃料による発電を余儀なくされ、
国も「CO2排出削減」という声が次第に小さくなってしまいました。

けれど、世界的にこの環境問題は待ったなしの状態。また、環境問題だけはなく、
貧困や衛生、教育、人権など、世界中ではまだ多くの問題が存在します。
そうした、取り組みを包括的に定義したSDGsに我々は正面から向き合っています。

事業を通じて、社会に貢献する。その一つの道しるべとなるSDGsの取り組みに、
社員ひとりひとりが理解をし、行動をする。
2030年、SDGsが成し遂げられた世界で広がるだろう「未来の常識」創りに挑戦してまいります。

  1. トップ
  2. 会社案内
  3. 沿革