RECRUIT採用情報

システム開発

エコモットの技術基盤を支えるIoTエンジニアチームです。センサーからゲートウェイデバイス、ネットワーク・インフラやクラウド、アプリケーションの企画・設計・開発。さらにはUI/UXのデザインに至るまで、モノのインターネットを構成するあらゆるレイヤーをターゲットとして開発を行ないます。異なる分野のエンジニアが協力してひとつのサービスを作り上げるエキサイティングな開発環境で、退屈とは無縁の毎日です。

  • 岩津 康志YASUSHI IWATSU

  • 対馬 祐揮YUUKI TSUSHIMA

  • 古川 裕一郎YUICHIRO FURUKAWA

  • 山内 洋司YOUJI YAMAUCHI

01 エコモットに入った動機
前職までシステム開発を行うソフトウェアハウスで働いていましたが、下請け開発や受託開発の限界を感じるというよくあるフェーズに差し掛かり、「顧客満足度(CS)の顧客って一体誰だよ!」と独り夕日に叫びつつ、危うく自分探しの旅に出かける寸前に就職雑誌で「エコモット」という……ちょっと変わった名前の企業を見かけ、『WEBシステムを使ってロードヒーティング遠隔監視・制御の自社サービスをやってます』というこれまたクレイジーな一文から、当時は「いやいや…ホントにこんなことやってるの?ちょっと話しだけでも聞きいてみよ」という軽いノリで応募してました。ごめんなさい。
02 仕事の特長
エコモットはいわゆる「IT企業」(自称)ですが、一般的にIT企業を標榜している会社はクールでスマートな感じがする中、けっこう地道で根気のいる仕事を自分たちでIT技術を活用して解決するという、「ITの自給自足」が得意な会社と言えるかもしれません。
03 仕事で大変なこと
システムは企画・開発だけではなく、運用もあってシステムは生きます。
『運用』を「サーバーを安定稼動させる」という一部だけではなく、「ユーザーがシステムを利用しその個人や会社が利益を得られる」というところまで言葉の意味を広げ、その一連の流れを作り出すのもシステムの仕事だと思います。
最初から最後までそれらをイメージして考えるのは大変つらいし難しい作業ですが、まずまず全部が全部うまくいく事はありえませんので、行く先を大きく見据えて、適時素早く方向修正の精神で行ってます。
04 やりがい、これまで関わった好きなプロジェクトなど
エコモットが手がけるIoTの領域は実に様々なアーキテクチャが入り乱れていて、それらを繋ぎ合わせて意味あるものを作っていくのが、システムに命を与えていく感じがして面白いです。
エコモットのプロジェクトはそんなもので溢れています。
05 エコモットのここがいい! 印象的だったできごと
「いろいろやってみたい!」と思う人にはいままでの自分の守備範囲をどんどん広げていけるチャンスがあります。逆に「これは得意!」というのも、どんどん任してもらえるチャンスがあります。ちなみに私は特に得意なものもないですが、それでも何かやってるので不思議。
06 今後エコモットでやってみたいこと
こっそり趣味を仕事に。

岩津 康志YASUSHI IWATSU
プロフィール紹介はこちら 
01 エコモットに入った動機
仕事の都合で北海道から東京勤務になり、2年ほど東京にいたのですが、北海道に帰りたさ過ぎて会社を辞めることを決めました。
その際、エコモットが札幌で社員を募集しており、自分の職歴が生かせそうということ、エコモットも北海道を大事にしていることからこの会社で働きたいと思いました。
02 仕事の特長
当時のIT業界ではあまりIoTというものが浸透しておらず、私も電子の世界で完結する業務にしか携わったことがなかったで「モノと通信するアプリケーションの開発」を主とすることに新鮮さを感じました。 また、スピード感を大事にし、形式にこだわらず業務を遂行することを優先するのも他とは違うと感じています。
03 仕事で大変なこと
前項の話と表裏一体の感想ですが、たとえばモノからの通信がサーバーに届いていない時、その原因が、サーバーサイドエンジニアだけでは判別できないケースがあります。サーバーは問題ないなあと首をひねっていたら、モノのネットワーク設定が間違っていたり、モノに電源が入っていないだけだったり… そのようなトラブルはこれまで経験したことがなかったので、戸惑うことが多いです。
04 やりがい、これまで関わった好きなプロジェクトなど
入社後間もないころ携わったプロジェクトの運行管理システム「クラウドアイ」のWebアプリケーション開発が、私の中では特別です。
モノがリアルタイムに発信する位置情報をアプリケーションで表現し、リアルな安全運転や運行管理に貢献するということに、今までにないやりがいを覚えました。
05 エコモットのここがいい! 印象的だったできごと
社長がイベント好き?なのか、社外でのレクリエーションが多くて楽しいです。
会社がさらに成長し、規模が大きくなっても、この風土は残してほしいと思います。
06 今後エコモットでやってみたいこと
これまで全社員が培ったノウハウを生かし、今までのエコモットにないまったく新しいIoTソリューションを世に出したいです。

対馬 祐揮YUUKI TSUSHIMA
プロフィール紹介はこちら 
01 エコモットに入った動機
前職では受託開発を主に業務に携わっていましたが、市場に近い所で開発を行いたいと常々思っていました。 2013年当時、LAMPやWordpressなど、色々なWEBシステムの作成に手を出し始めた時期だったので、組込みからWEBへと視野を広げた先に、自社でソリューションを一気通貫するエコモットのスタイルが重なった事を良く覚えています。
当時40人ほどで上下左右を見渡せる小さな会社というのも魅力でした。ソリューションの大きさも、目を凝らせば俯瞰できるほどだろうと想像していました。
また、北海道には中々無いタイプの会社なので、北海道発の流れに身を投じたいと思い、当時、たまたま求人が出ていたエコモットの門戸を叩きました。
02 仕事の特長
若干50名程の中に、エコモットのサービスを構成する様々な専門分野の同僚がいて、日々、一から十までの情報に触れることができるのは、ソフトウェア開発の立場においては他の会社と大きく違うなと感じる所です。
また、昨日と今日とでも大きく景色が変わっていくので、働きながらどこかの車窓を眺めているような感じにもなれます。
今はIoTの隆盛を追い風に、常に市場の先を追いかけている視点に立てるのは、エコモットならでは、です。
03 仕事で大変なこと
システム開発の中では、お客様の声から自分達で実現したいこと、また、サービスの改善や新しい機能追加、問題対応や保守系の作業まで、ありとあらゆる要求が降ってきます。
全ての実現は難しい中、適切な順序やバランスを保ちながら、システムをアップデートしていく事も大切な仕事の一つです。
04やりがい、これまで関わった好きなプロジェクトなど
入社後すぐに携わった、IoTプラットフォーム「FASTIO」の開発は、エコモットとしても大きな仕事であり新しいフェーズに進むためのステップでもあり、とてもやりがいがありました。
また、入社直後、技術スキル的に担当不在だったサーバ上の通信プログラムを一手に引き受けられたことも、大きくやりがいに貢献した事を覚えています。
05 エコモットのここがいい! 印象的だったできごと
年齢や専門分野が異なるメンバーに囲まれて仕事ができる環境は、とても魅力的だと感じています。
エコモットはIT企業です。一般的にIT企業をイメージすると、ソフトウェアを作る事が主であろうと感じますが、お客様と近い所でサービスを市場に送り出しているので、サービスを構成するソフトウェアだけではないあらゆる要素を意識しなければいけない事がやはり普通のソフトウェア開発とは大きく違う所です。
06 今後エコモットでやってみたいこと
常に市場を反映し続けるシステム・サービスを作っていこうと思います。
でも、色んなことをきっちりもしていきたいです。バランス。

古川 裕一郎YUICHIRO FURUKAWA
プロフィール紹介はこちら 
01 エコモットのここがいい! 印象的だったできごと
末端のセンサーからクラウドサービスまで、一貫したシステムを構築できるのが魅力ですね。
センサーの設定をいじりながら、ルータの設定をチューニングして、クラウド上にサービスを自在に構築できる自由さは大きな魅力だと思います。
02 今後エコモットでやってみたいこと
モバイルネットワーク的にキャリアレスなものを目指したいですね。

山内 洋司YOUJI YAMAUCHI
プロフィール紹介はこちら 
  1. トップ
  2. 採用情報
  3. 私たちの仕事
  4. システム開発