SERVICESサービス紹介

融雪システム遠隔監視ソリューション
「ゆりもっと」

ロードヒーティングの三大ムダを削減し、足元の安全と
コスト削減の両立を実現。
特許や数々の賞を獲得した信頼性のある商品です。

融雪やロードヒーティングといえば、雪国にとってたいへん便利ですが、
融雪するには灯油ボイラーを焚くことが一般的で、近年は灯油や燃料価格の高騰もあり、
ロードヒーティングを続けることに難儀しているマンションやアパート、駐車場も多いはずです。

当社のロードヒーティング遠隔省エネ融雪監視代行サービス「ゆりもっと」は、ロードヒーティングにおける
融雪のムダを遠隔監視・遠隔操作でカットし、足元の安全とコスト削減を実現する画期的なサービスです。

一般的に、ロードヒーティングは降雪センサーの信号を受けて自動的に融雪ボイラーのスイッチが
ON/OFFになる「自動運転」という仕組みで稼動しますが、
降雪センサーは雨に反応する場合も少なくなく、あるいは融雪するほどではない少量の雪にも反応するため、
融雪の必要がない状況でも作動してしまうことが問題となっています。

「ゆりもっと」を導入すれば、降雪センサーからの信号は直接ボイラーに入るのではなく、
ゆりもっとの専用端末がその信号を受けることになります。
すると、端末は遠隔地(監視センター)にいるロードヒーティングの融雪監視担当者に
「雪が降ってきた」「雪が止んだ」という通知をメールで送り、
担当者は現地についた遠隔融雪監視カメラで「本当にロードヒーティングを動かすべきか」を判断します。

公式サイトへ

  1. トップ
  2. 事業案内・サービス
  3. 自社サービス
  4. ゆりもっと