SOLUTIONソリューション

MET-EYE for 体温計測
映像監視

MET-EYE for 体温計測

サーモグラフィカメラにより
物理的接触を伴わずに発熱を検知

ウェアラブル装着が可能なサーモグラフィカメラにより、物理的接触を伴わずに発熱の疑いのある人物を検知可能です。
身体に装着したサーモグラフィカメラで通行中の人物を撮影し、ストリーミングしたサーモグラフィから発熱の疑いのある人物を検知します。

機器構成例

  • 機器構成例
  • 機器構成例
    カメラ部
  • 機器構成例
    リストバンド型ウェアラブルデバイス
  • 機器構成例
    スマートフォン

システム構成図

システム構成図

身体に装着したサーモグラフィカメラで通行中の人物を撮影し、ストリーミングしたサーモグラフィカメラをクラウドストレージに保存、またはリアルタイムで確認することが可能です。

撮影と同時に体表面温度を測定することで、発熱が疑われる人物が検知された際にメールを送信します。
リストバンド型ウェアラブルデバイスやスマートフォンなどで受信を行うことで、バイブレーションによる目立たない形でのフィードバックをうけとることができます。

※対表面温度は体温計による体温測定結果とは異なります。本製品は正確な体温測定の必要性を見極めるためのスクリーニング用途にご利用いただけます。
※スマートフォンやリストバンド型ウェアラブルデバイスはお客様自身でご用意いただきます。

カメラやリストバンド型デバイスは目立たない形で身体への装着が可能なため、ガンタイプの放射温度計などに比べて被検者側の心理的な負担も最小限に抑えることができます。

本システムを利用することで、周囲に配慮しながらの別室誘導等、感染抑止のための措置がとりやすくなることから、検疫担当者の感染リスクを軽減しながら、発熱が疑われる人物のオフィスビル・商業施設などへの侵入抑止に効果が見込まれます。

管理画面

本体仕様

仕様
通信方式 LTE(docomo MVNO)
電源・電圧 DC+5V±0.25V (最大 3A)
消費電力 最大 15W
使用温度範囲 0~40℃
使用湿度範囲 10~90%RH 結露のないこと
外形寸法 W80.6×D165×H40(mm)
質量 約440g(カメラ、ヘッドセット、コード、コネクタ部含まず)

サーモグラフィカメラ部仕様

仕様
精度 公称25℃で、±2℃または2%のいずれか大きい方
Focal Length 1.54 mm
温度分解能(NETD) 100 mK
対象物温度範囲 –10℃~ +150℃
サイズ[L×W×H] 125 × 80 × 24 mm
赤外線センサー 80×60(4,800測定ピクセル)
  1. トップ
  2. ソリューション
  3. MET-EYE for 体温計測