INFORMATIONお知らせ

2017.04.03

日商エレ×エコモット、IoT事業において協業

日商エレクトロニクス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡村 昌一、以下、日商エレ)とエコモット株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役:入澤 拓也、以下、エコモット)は、IoT事業において協業を開始します。協業第一弾として、日商エレの車両運行管理テレマティクスサービス「くるま-i」にエコモットのIoTクラウドプラットフォーム「FASTIO(ファスティオ)」を導入し、4月1日より新サービス「くるま-i」2として展開します。

「くるま-i」の最大の特長は2つ。一つ目はヒヤリハット発生時の動画送信機能です。ドライバーの危険な運転動画を遠隔地から閲覧することができます。具体的な安全運転指導にも役立つお客様満足度が高い機能。2つ目は「データ分析サービス」です。車両/ドライバーごとの運転情報をさまざまな切り口から傾向を分析するサービスです。事故をさらに減らすために、各企業の傾向や兆候を見える化するために生まれたサービスです。「くるま-i」2は、そういった収集データをお客様の経営や安全管理により活用しやすくするため、ユーザビリティを大幅に改善しました。

■「くるま-i」2のリニューアル内容

◯共有車の管理機能強化
共有車両の予約機能により、ドライバーの特定が容易になりました。

◯リアルタイム通知機能
急挙動、速度超過などの情報を管理者に即時お知らせします。

◯動態監視機能の強化
走行中、停止中の他、長期非稼働車両のデータも閲覧可能。
保有台数の適正化に役立ちます。

◯使い勝手の改善
登録部署ごとのハザードマップが参照可能。
検索のバリエーションが広がりました。

両社は今後テレマティクスサービスのみならず、エコモットが得意とする遠隔監視システムなど、IoTを活用した新たな付加価値創造サービスの提供も視野に協業を進めます。

■「くるま-i」とは

測定機器を装着した車両の位置・運転情報をGPSと連動して収集し、各車両の運行状況を顧客に知らせるテレマティクスサービス。事故やコスト削減を目的に運送会社や自動車レンタル会社など、車両を保有するすべての企業のお客様を対象に日本全国約10,000台に導入いただいています。
「くるま-i」の紹介動画
https://youtu.be/81ndgN5ShoI
「くるま-i」の紹介ページ
https://www.nissho-ele.co.jp/solution/tmc_kuruma-i/index.html

■日商エレクトロニクスについて

日商エレは、世界の最先端技術やビジネスモデルの発掘を行うことで、競争力のあるユニークなソリューション・サービスを提供しています。国内外でビジネスを具現化した数々の実績、豊富な技術力をベースに、お客様のニーズに最適なソリューションやサービスを提供します。
日商エレの詳細
https://www.nissho-ele.co.jp/


  1. トップ
  2. お知らせ
  3. 日商エレ×エコモット、IoT事業において協業