PRODUCTS製品紹介

製品概要
  • 製品写真
  • 製品写真
  • 製品写真
  • 製品写真
  • 製品写真
  • 製品写真
  • 製品写真
  • 製品写真

LTE通信対応汎用データロガー「クラウドロガーLTE」

豊富なインターフェースからの入力をLTE回線でクラウドに送信する省電力データロガー

アナログ入力はもとより、RS-232C、RS-485、接点入出力等の各種インターフェースを搭載し、各種センサー・計測装置を接続するための設定があらかじめセットされています。内蔵のLTE通信モジュールを介してクラウドと連携することで、センサー・計測装置から収集したデータのクラウド管理や現地設備の遠隔制御が可能です。
型式:DLX-400

クラウドロガーLTEは「Microsoft Azure Certified for IoTデバイス」に認定されています。

システム概要図
システム概要図
特長
  • 従来のデータロガーより省コスト・省エネ・省スペース
    モバイルルーターとロガー機能を一体化することで本体をサイズダウンし、機器構成もシンプルに。待機時電力消費を0.3Wに抑えたことで、ソーラー電源でも⻑期稼働を実現します。
  • マルチキャリアのLTEに対応
    お客様の用途や使用条件に応じて最適な通信事業者を選択可能。LTE通信モジュールを内蔵しているので、この1台でインターネットに接続しデータ転送を行うことができます。
  • 衛星モデムとの接続が可能
    衛星電話サービス「ワイドスター」のモデムとダイレクトに接続が可能。携帯電話の電波が届かなく、データ通信が行えない地域でも利用することが可能です。
  • FASTIO DATA LINK対応でクラウド直結可能
    計測データをクラウド上のデータベースに保存し、インターネットを介してお持ちのパソコンやモバイル端末で閲覧することが可能。端末の設定を遠隔で変更することもできます。
外形図
外形図
仕様
型式 DLX-400-LAD DLX-400-KLAD
インタフェース 通信モジュール マルチキャリアLTE(AMM570) KDDI(KYM12)
インタフェース 通信モジュール マルチキャリアLTE(AMM570) KDDI(KYM12)
Ethernet 10BASE-T / 100BASE-TX / 1000BASE-T × 2ポート RJ-45 コネクタ
シリアル RS-485(Male) × 1 / RS-232(Dsub9) × 1 / RS-232(RJ-45) × 1
USB USB 2.0 ホスト × 1ポート(TYPE-Aコネクタ)
アナログ入力 絶縁型アナログ入力ポート × 4 ※ 分解能 16bit、電圧 / 電流モード切替
デジタル入力 接点入力 × 8 ※電圧接点入力 / 無電圧接点入力、フォトカプラー絶縁
リレー出力 フォトMOSリレー出力 × 4
OS Linux (Kernel 3.13以降)
CPU テキサスインスツルメンツ社 Sitara AM3352
(ARM Cortex-A8 core)
1GHz(300MHz~1GHz自動切替)
メモリ構成 NAND FLASH 256MB、DRAM 512MB
NOR FLASH 2MB、EEPROM 2kbyte
SDカードスロット SDHC対応 SDカード × 1スロット
外観 寸法 W137×D137×H40.2(mm)(突起部除く)
質量 約700g
環境 使用電源
電源形状
DC +12V DCジャック(EIAJ4,φ5)
3pinスプリング接続式コネクター
消費電力(本体のみ) スリープ時:0.36W 待機時:2.4W 最大負荷時:8.9W
使用温湿度範囲 温度:-20~40℃(CPU 1GHz) / -20~50℃(CPU 300MHz)
湿度:20~90%RH(結露しないこと)

※ 本製品はアンテナが別途必要になります。

  1. トップ
  2. 製品紹介
  3. LTE通信対応汎用データロガー「クラウドロガーLTE」